The 2nd Theory Of Quiz Games ~Report~(第2回クイズゲーム理論記録集)


【作品基本情報】
企画開催日:2014年8月30日
発行日:2014年11月15日
サイズ及びページ数:B5、84ページ。
掲載問題数:412問(内、早押し275問)。早押し以外に○×、択一、多答、嘘フリ、ボードを収録。
【作品の傾向】早押し問題は短文(難易度は普通中心)。それ以外はやや難中心
【作品コメント】2014年8月に実施した例会記録集。早押し以外にも択一、多答、嘘フリなど幅広い方面からクイズを出題。早押しの一部及び早押し以外の形式には、よくわかる解説付き
著者:あべしん(ボブルヘッドクラブ(旧・OX STAGE))

【例題】
Q1.英語では「サイエンティフィック・カルキュレーター(scientific calculator)」と呼ぶ、工学や数学などの分野で利用できるように対数(log、logarithm)や累乗(るいじょう)、三角関数など幅広い計算ができるように設計された電卓を特に何電卓と言うでしょう?
A1.関数電卓

Q2.「武力によって天下に号令する」という政治思想を示した、戦国武将・織田信長の使用した印章に書かれた漢字4文字の言葉は何でしょう?
A2.天下布武

Q3.主君や目上の人のために力を尽くすことを、2種類の動物の名前を使って「何の労(ろう)」というでしょう?
A3.犬馬(けんば)

Q4.農作物の10a(アール)当たりの平年収量を100とした時の該当年の収量を示した指数を「何指数」というでしょう?
A4.作況指数

Q5.現在、コーヒーは、豆を焙煎(ばいせん)して飲まれるのが一般的ですが、当初は焙煎して飲む方法はなく、考案されたのは13世紀頃のことです。考案された理由は大きく2つあり、1つは「加熱した方が、風味(ふうみ)が増すから」ですが、もう1つは飲み方や風味とは関係がありません。その理由は何でしょう?
A5.(自力で)栽培されないようにするため
解説:コーヒーの豆が生のまま取引されると自力で栽培され買ってもらえなくなる可能性があるので、(13世紀当初はアラビアが)販売権を独占する目的で、予め焙煎し、発芽させないようにしていた

500円

在庫数 : 0 冊

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索